会話データ収集は、2人の参加者が大枠の流れが決まっている台本(会話の流れ・内容の手掛かりとなるもの)に従って自然に会話する作業です。ただし、発話する文・フレーズは自分で決め、台本に従って即興で会話を行ないます。   

① 会話の台本はいくつかの業種に分かれています:

銀行    
小売り業
通信
保険   

② 録音(会話データ収集)は所定の音質で行う必要があります。

ナローバンド(携帯同士での通話)  


★特定の台本に従ってシミュレーションの会話を進めます。

この会話データ収集は、私たちが毎日利用しているAIテクノロジーの改善に繋がります。  

回答が見つかりましたか?