スキップについて

特定のジョブでは、特に難しいタスクや時間がかかるタスク、また何らかの不具合により提出できなくなったタスクについては、スキップすることができます。

タスクをスキップする場合は、迅速にスキップする理由を当社までお知らせください(フィードバックはNeevoの改良に役立ちます)。

スキップ回数が限度に達しても、ジョブは引き続き行うことができます(ただ、それ以上スキップすることはできなくなります)。

[Submit]ボタンの隣に[Skip Task]ボタンが表示されている場合は、タスクを限度までスキップできることを意味しています。

スキップに関する追加のFAQ:

[Skip]ボタンが表示されません。

これはバグではありません。スキップを許可しないジョブが一定数存在します。その場合は、カウンターが完全に非表示になります。

何回スキップできますか?

スキップの最大数はジョブによって異なります。[Skip]ボタンの下に表示されるカウンターは使用できる残りのスキップの数を示しています。

スキップ回数が限度に達しても、ジョブは引き続き行うことができます。

スキップ数が増えたのはなぜですか?

あまりに多くのメンバーが同じタスクをスキップした場合、当社では当該タスクをジョブから除外しています。除外されたタスクをすでにスキップしている場合は、その分のスキップ数が元に戻されます。当社では、公正であることを心がけています。

スキップしたタスクの支払いは?

結論として支払われません。完了したタスクについてのみ支払われます。とはいえ、スキップ機能は最終的により多くのタスクを完了できるように設計されています。つまり、最終的により多くの報酬を手にすることができます。

関連記事

不具合により、タスクを提出できないのですが?

提出されたタスクと品質評価について理解しましょう

回答が見つかりましたか?